MENU

若ハゲの治療は育毛剤?育毛クリニック?

若ハゲになってしまった男性が治療をするという場合、方法としては育毛剤を使って自力で育毛対策を行うか、育毛クリニックで専門の医師の治療を受けるかのどちらかになると思います。そこでここでは若ハゲの男性の治療法を、育毛剤を使用するのと育毛クリニックへ行くのでは、それぞれどんなメリット・デメリットがあるのか、どちらへ行けばいいのかについて、お話していきたいと思います。ここでは育毛クリニックとは通常の病院の皮ふ科などではなく、AGA治療のクリニックであると考えて、お話していきますので、御了承ください。

 

 

AGAクリニックのメリット・デメリット

まず最初はAGAクリニックで治療を受ける場合の、メリットとデメリットです。メリットとしてはAGAが進行していても治療が受けられること、医学的に根拠のある治療法で治療を受けられること、頭皮の専門家に診てもらえるので、自己診断をして失敗する心配がないということ等です。次にデメリットとしては、保険が適用されないため費用が高くなり、月に2〜3万円かかってしまうこと、症状が深刻である場合、更に専門的で手間と時間もかかるケースもあり得ること、有名なクリニックは都市部にしかなく通院が面倒であること、投薬中心の治療になりますので、毛が生えてきても薬を飲み続けていないと元に戻ってしまうこと、薬には副作用があり得ること等です。

 

育毛剤のメリット・デメリット

次に育毛剤を使用した時の、メリットとデメリットです。まずメリットとしては費用が比較的安く、月1万円以内でほぼおさまること、薄毛の進行度が初期程度の人には効果が高いこと、誰にでも気軽に購入して使用可能であること、医薬品ではないので副作用の心配が少ないこと等があげられます。デメリットとしては、AGAが本格的に進行してしまった人には効果がないこと、あくまでも現状維持や薄毛進行を遅らせるのは目的であり、薄毛が完全に治せるわけではないこと、また医薬品ではないため、基本的には医学的に育毛効果があると実証されている成分が、使われているわけではないこと、自己診断で、今のケアを継続しても良いのかの見極めが難しいこと等があげられます。

 

ところでAGAのクリニックでは最初に無料カウンセリングを受けた後、頭皮状態のチェックと、どの程度の治療費用と期間がかかるのかについての説明を受け、納得出来れば契約の運びになり、その後プロペシアやミノキシジルの投薬を中心に、必要に応じて他の治療も受けることになります。通院は月1回が目安で、以上の内容を症状が改善されるまで繰り返すのが一般的です。また育毛剤に関しては、副作用なしに高い効果のあるフィンジアやチャップアップ・ブブカ等を使用するか、ミノキシジルを配合したリアップと、皮ふ科でも処方されるプロペシアによる治療という形にしても構いませんし、クリニックでは亜鉛の処方がされる場合もありますが、これも市販の亜鉛配合のサプリでも、時間をかけても差し支えなければ代用可能です。基本的には薄毛の初期症状なら育毛剤、進行してしまっていたらAGAのクリニックで治療を受けるというのが理想的です。